• 横浜市都筑区で自分だけのバッグ作り

Hさん、初2wayバッグ

今年8月より横浜教室に参加いただいているHさんの初作品です。夏らしい色の組み合わせでさわやかですね。今回は、腕ミシンでポケットを作り、カシメ打ちを体験。これから、革と布を組み合わせたバッグデザインを楽しんで下さい

続きを読む


Sさん、みんな驚く

Sさんは、毎回わたしの見本バッグを上回るステキバッグを作ります。何がすごいか。まず色のセンスがいい事、自分流のデザインを組み込んで問題が発生しても解決してしまう事です。腕ミシンにも慣れて、これからもっと幅の広いデザインに …

続きを読む


Mさん、4枚はぎバッグ

1枚の型紙で作る簡単バッグ。大型で開け口が広いので、口元にマグネット、両脇に綾織テープをつけ、調整出来るタイプにしました。ポイントは外ファスナーポケットを付けた事とマグネット取り付け部分は一部分革にした点です。

続きを読む


Tさん、2way

手提げとショルダータイプになる、比較的仕立ての簡単なバッグ。ただし、Dカンやナスカンをカシメで打ち留める時に生地がズレないように注意が必要。

続きを読む


堤、かんたん巾着(手順イラストあり)

横38(前後)㎝×縦52㎝の生地(浴衣でなく薄手であれば何でも)が2種類あれば出来る巾着です。出来上がりの脇には裏地が表に出ますので、コントラストのきいた2種類の生地が用意できるといいかと思います。 手順イラストはこちら

続きを読む


Tさん、お花ミニトート

サイズは、縦22×横25×奥行9㎝ペットボトルが縦にちょうど入ります。中には仕切りファスナーポケットがあり、貴重品が安心。

続きを読む


堤、ヒントは古書

アコーデオンのような形になるショルダーバッグが作りたくて、古い資料を眺めていると、ありました。主婦の友社「革の袋物」石田玲、菊池修三、彦坂和子、彦坂千鶴子共著。参考に試作してみました。

続きを読む


Tさん、ミニバッグ

人気のウィリアムモリス苺泥棒の生地を使いました。小さいバッグですが、長財布が縦にちょうど入る大きさです。持ち手の幅を12ミリにしました。

続きを読む


Sさん、ツートンカラー

浅草橋のコットンファミリーで購入した2色の生地を組み合わせ革で舟形の底を付けたショルダーです。丁寧にミシンをかけてキレイな仕上がり、タッセルもかわいく出来ました。

続きを読む


Mさん、刺繡ショルダー

今年5月から入会されたMさんの作品です。麻に刺繍が入った生地とビニールレザー、角カンを取り付ける部分に革を使いました。

続きを読む