• 横浜市都筑区で自分だけのバッグ作り

Iさん、帯で小型トート

思い出の帯で、知人へのプレゼントを作りました。松竹梅の柄が入った、すばらしい帯です。マチの部分はスエード調のビニールレザーを使っています。

続きを読む


Sさん、eye-catching bag

ユザワヤで購入した生地に圧縮ウレタンを貼り、使用しています。上げ底のため、比較的ミシン掛けやすい構造。Sさんは、腕ミシンを使い仕上げました。good

続きを読む


Mさん、麻の織り

Mさんは、ご自身で作った織りで仕立てました。縦糸にグリーンを使ったさわやかな印象の織り物と紺の革が素敵な組み合わせです。

続きを読む


Sさん、キラッと

このバッグのデザインは「Sさんの黒のフォーマル」と同じです。材料の違いで、印象がかなり変わりますね。星から元気がいっぱい出てきています。

続きを読む


Tさん、型紙1枚から

花柄とモスグリーンの生地を4枚つなぎ合わせて作ったバッグです。革は、マグネットを取り付ける部分を補強するために5×6センチほど使用。

続きを読む


Sさん、フォーマルの黒

2種類(ナイロン+レース)の生地を丁寧に重ね合わせ、レザーと組み合わせたバッグです。カッチリと仕立てるために、天マチの部分にボンテックス0.8が入っています。素敵に仕上がっています。

続きを読む


Kさん、ショルダー注文

Kさんから、「パンツをオーダーした時の残り生地でバッグができないか」と依頼がありました。

続きを読む


Sさん、シノワズリ柄

インパクトのある生地で個性。ファッションのポイントに使いたいバッグです。

続きを読む


Sさん、1パターンの型紙から

このデザインは、とても簡単バッグです。型紙は1種類で、4枚の生地をつないで作りますので、材料はサイズの小さい生地でOK。Sさんは、お花とモスグリーンの生地を素敵に組み合わせました。

続きを読む


Nさん、曲線のバッグ

教室では、皆さんにピアノ形のバッグと呼ばれています。肩にすっぽり収まるデザイン。バッグの麻生地には、モスクのタイルのような柄がプリントされていてキュートな印象です。

続きを読む