• 横浜市都筑区で自分だけのバッグ作り

堤、シーシーシークの生地で

昨年、カーテン・クッションカバーなどオーダー加工するお店で 購入した生地を使いました。軽いバッグにするため、ビニール素材 と組み合わせましたが、耐久性は革に比べたら低いと思います。  

続きを読む


Sさん、バラの月型バッグ

バラの柄が入った薄手のジーンズ生地に1ミリスポンジを 貼り、革と組み合わせて作られました。木製の取っ手がピッタリ ですね。    

続きを読む


Nさんの月型バッグ

Nさんは、ジーンズ生地の裏面と革を組 合わせて作られました。中袋のピンクストライプがおしゃれ。   

続きを読む


Wさん、毛皮を使い力作完成

毛皮と竹の持ち手を上手に組み合わせ、かわいいバッグが出来ました。 型紙が無い中での作業でしたが、考え抜いて素敵に仕上げられました。 すごい!     

続きを読む


堤、花鳥バッグ

シーシーシークで購入したファブリックの生地使用。 鳥のバッグチャームを付けました。 底はほぼ正方形ですので、荷物もそこそこ入ります。  

続きを読む


堤、ウールの端をロック処理

頂いたウール生地の端をロックして作りました。 ウール生地に、虫食いの穴があったので、上から羊毛を チクチクとフェルトパンチャーなる道具で打ち込みました。     

続きを読む


堤、ゼブラ柄の毛皮初使用

初めて、ゼブ柄プリントされたハラコに挑戦。 ゴムノリがうまく使えず難しかったです。     

続きを読む


Mさん、自作の織りを使って横長ボストン

Mさんは織りを長年続けていらっしゃいます。 その織りを使い、横長ボストンに仕上げました。評判上々です。      

続きを読む


Fさんの月型バッグ

丈夫で軽いバッグ用のジャガード織り?を使用。 バラの模様が目を惹きます。背面にファスナーポケットあります。    

続きを読む


Nさん、生地の端をウーリーで処理

布でバッグを作る時、革と違い切りっぱなしが出来ません。 ここで施した処理は、ロックミシンでの巻きロックです。 ウーリー糸を使うときれいですね。    

続きを読む