• 横浜市都筑区で自分だけのバッグ作り

Aさん、着物で

Aさん、着物を着るのが大好きでバッグも作り始めました。このバッグが第一作目です。楽しくなる生地の組み合わせですね。

続きを読む


Sさん、今回も力作

玉革が付いたボストンバッグの仕立てに苦労されていましたが、いつもしっかりと、いい作品に出来上がります。中のポケットや持ち手の長さ、ファスナーの引手の形などにいつも工夫をされています。スポンジ芯の種類が生地のしわを作り、課 …

続きを読む


Sさん、一本手ショルダー

厚手の生地と革を合わせて、職業用ミシンだけで仕上げました。Sさんは、入会してから、半年以上経ちました。ミシンに慣れ、順調にいい作品が出来ています。次回の作品も楽しみですね。

続きを読む


堤、Sさんのお姉さんへ

9月がお誕生日のお姉さんにウエストポーチを作りました。スリムなスタイルのお姉さんに合うように小さめポーチです。ベルトは、厚着の時期にも対応できるように、ギボシ金具で調整出来ます。

続きを読む


Aさん、ベルベットのような生地

毛足の長い光沢のある生地。よく見ると、水玉模様がステキです。中袋は着物。

続きを読む


Oさん、かわいい生地

生地選びが、いつもかわいいOさんです。バッグの角や底、持ち手にはビニールレザーを組み合わせました。

続きを読む


Aさん、丁寧に作りました

Aさんは、ミシンの扱いに慣れている為、いつもキレイな仕上がりです。中袋は着物で作りました。

続きを読む


Sさん、着物パッチワーク

ミシンで手軽にパッチワークしたそうです。「赤い生地の配置に苦労した」との事。ミシンで作ったとはいえやはり、手が込んた作品です。

続きを読む


Sさん、一回で習得

このバッグインバッグは、仕立ての手順が複雑で生徒さんを悩ませていたデザインでした。しかし、Sさんはすぐに習得し、自宅でもお友達へのプレゼント用として作り、見せてくれました。素晴らしいです。

続きを読む


堤、2枚の型紙で

久しぶりにお会いした私の鞄の師匠に教わりました。2枚の型紙で作れます。タッセルは、鎌倉教室のSさんに頂きました。持ち手だけ革(レザーメイトさとうで購入)。

続きを読む