• 横浜市都筑区で自分だけのバッグ作り

Nさん、お財布バッグ

長財布と携帯が入るサイズのミニバッグ。背面にファスナーポケットがあります。Nさんは、いつも東急ハンズで材料の革を準備しています。

続きを読む


Sさん、お気に入りゴブランで

Sさんは、ゴブラン生地の上に透明ビニールを重ね、汚れを防ぐ工夫をされています。生地とビニールがズレないように注意して貼り合わせ、丁寧にミシンをかけました。

続きを読む


Sさん、春色ショルダー

淡いピンク色の革と紫色の革の組み合わせです。Sさんは、いつもハーフトーンで柔らかいイメージの作品です。

続きを読む


Sさん、従妹さんへプレゼント

ゴブラン生地(ユザワヤ)と革(角田)の組み合わせです。バッグのサイズは小さめですが、横長財布がたてにちょうど入るようにデザインしました。Sさんは、いつも丁寧な仕上がりです。

続きを読む


Kさん、すてき織り

大和骨董市でみつけた織物と革の組み合わせです。いつもピッタリと色合わせをしてくるKさんです。私の見本にアレンジを加えて、素晴らしい作品を作って下さいました。

続きを読む


Nさん、夏の帯で

さわやかな帯とアイボリーの帆布10号を組み合わせました。今まで、教室で習った事を参考に、一人ででザイン・製作して、見せて下さいました。ネームタグ付きは、グッと上がります。

続きを読む


Sさん、お花の巾着

綿生地にアイロン芯を貼り、革と組み合わせたバッグです。紐選びに苦心されていましたが、ユザワヤでみつけた紐を上手に合わせました。

続きを読む


Sさん、優しい色のショルダー

いつも優しい色の組み合わせを考えて製作されています。私がお見せしている見本は、ポーチでしたが、 Sさんはアレンジして、Dカンとナスカンを付けショルダーバッグにしました。

続きを読む


Mさん、肩にピッタリ

たて縞のさわやかな生地と紺の革がいい組み合わせになりました。シャルダーにして使うと体にフィットします。生徒さんたちは、「ピアノ形のバッグ」と呼んでいました。

続きを読む


Nさん、薔薇のボストン

ゴブラン生地(ユザワヤ)と革(東急ハンズ)の組み合わせです。Nさんは、ミシンにとても慣れていますので、きれいに仕上がりました。いつもチャーミングな手作り服を着ているNさんに、よく似合います。

続きを読む